読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアブログ(仮)

2009年よりウェブエンジニアとして働いており、効果的なサービス開発をしたいと考えている。

暗号技術入門 を読んだ

エンジニアリング 読書

買ってからずっと放置していたのをようやく読んだ。

新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

元々は公開鍵がどうとかSSLのサーバー証明書がどうとか良く分からないままに利用はしていて気持ちが悪かったので勉強したいと思ったのが発端だった。知っとけよという感じではある。

そして、そんな初学者にはとても良い本だった。 とっつきづらそうだけど読み始めたら結構止まらなかったのでもっと早く読めば良かった。

暗号学者の道具箱ということで6つの要素(対称暗号、公開鍵暗号、一方向ハッシュ関数、メッセージ認証コード、デジタル署名、擬似乱数生成器)を紹介し、ボトムアップで最終的にはSSL/TLSの説明などに入っていって理解がしやすかった。 何も知らなかったので概観を掴むにあたってもどんなことを知ればいいのやらという感じだったけど、こうした構成がうまくできていて恐れなくスムーズに読み進めることができた。

そもそも近代的な暗号の歴史自体がそれほど長くなくて発展途上であることも感じ取れた。 自分には数学的素養が無いのであまりきちんとは理解できていないけど、概観を掴むことはできたと思う。 全体的にパズルっぽくて面白かった。

暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス

暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス

僕が買ったのは新版(2版)だったけど気づいたら3版が出ていたので、これから読もうとする人は当然新しい方を買ったほうが良いと思う。

難易度的には一般的な情報工学系の学生でも普通に読めそうで、この手の知識が無ければ有用な内容だと思うので、とりあえず読んでおいたら良さそう。